隠したい!汚く見えるニキビ跡をきれいにする方法

優しくピーリングをする

ニキビができてつぶしてしまうとニキビ跡として残ってしまいます。気になってしまいニキビをつぶしてしまう人も多いのではないでしょうか。ニキビ跡はしばらくの間残ってしまうので極力作りたくないですよね。ニキビ跡ができてしまった場合に手軽にできるケアの方法があります。それはスクラブ洗顔を週に1回行うことです。古い角質を除去していくうちにニキビ跡がどんどん薄くなっていきます。毎日続けることで他のシミなども美しい肌に生まれ変わるのでお勧めです。

保湿を行うことが大切

ニキビ跡ができてしまい、ピーリングで徐々に古い角質をなくしていた後は徹底的に保湿することが大切です。乾燥してると炎症を起こしやすくなってしまうため、洗顔をしてきれいな状態になったら化粧水を入れて美容液で蓋をすることでしっかりと保湿が行えます。保湿をすることでニキビの発生やその他の肌の炎症を抑えることができるので、お風呂上がりなどにはしっかり水分を閉じ込めてニキビを予防することが大切です。ピーリングした直後の肌は弱いのでしっかりと保湿をしましょう。

食事にも気をつけることが大切

ニキビで悩んでいる人は食事で油分が多い食事をとっていませんか。ニキビを抑えて新しい肌を作る肌のターンオーバーを促進するために積極的にビタミンCや野菜、大豆製品などの食品を取りたいものです。チョコレートやポテトチップス等は余分が多いため、ニキビを作る形になってしまいます。体の内側からもケアをすることで美しい肌に導くことができます。ビタミンCにおいては内側からシミを薄くしていくので、なるべく取りたい食材です。

ニキビ跡の状態は、個人差に左右されますが、皮膚科の名医に診断をしてもらうことで、安全なケアの方法を選べます。