脱毛には痛いものもあれば痛くないものもある!

自分で毛抜きで抜くのはそこそこ痛い

自分で毛抜きを使って無駄毛の処理をする場合には、場所によってはかなりの痛みを感じることがあります。男性で言うと口ひげは、かなりの痛みを発生させることがあるので、基本的には毛抜きで抜くことはできないと考えるのがいいでしょう。口ひげは太いですから、無理をして毛抜きで抜いてしまうと出血に繋がる恐れもあります。女性も脇毛やVIOラインの脱毛は、毛抜きですると痛みを感じるケースがあります。こうした部位については、永久脱毛をするのがベストでしょう。

ニードル脱毛も痛みが強いことで有名

ニードル脱毛も比較的痛みが強いことで有名です。何しろ、毛穴の中に針を刺して、電流を流すことで毛根を潰していく方法だからです。麻酔が必要なぐらいに痛いと言われています。ただ、メリットがないわけではありません。ニードル脱毛は、レーザー脱毛とは違って、休眠期の毛根を潰していくことができる点がすごいです。時間をかけずに早期で永久脱毛を完成させたいときには、ニードル脱毛は割といい選択肢になる可能性があります。

光脱毛はほとんど痛みを感じない

レーザー脱毛は、少し痛みを感じることもあります。ですが、光脱毛についてはほとんど痛みを感じることはありません。レーザーとは違って広範囲に柔らかい光を照射するだけなので、熱くもなければ痛くもないのです。もちろん、それでもある程度の効果はあります。特に産毛の処理に関しては光脱毛の右に出るものはないと言えるのではないでしょうか。痛くない方法ですから、デリケートなゾーンへの使用も可能です。女性向けということで、最近にわかに人気を上げてきている方法です。

永久脱毛を東京で始める方法は、美容関連の雑誌などで紹介されることがあり、早期にプランを選ぶことがコツです。