なぜわきがになるの?発生する理由を解説!

わきがはなぜ発生するの?

人に嫌われる可能性があり悩みになるのがわきがですね。気にしている人にとってなぜわきがになってしまったのかが知りたいところです。わきがになる原因が、アポクリン腺の汗です。汗にはエクリン腺とアポクリン腺の2つからでていて、運動や熱い時に出てくるのがエクリン腺です。体質や生活習慣の問題などで多く発生するのがエクリン腺の汗です。エクリン腺の汗はニオイの元となる常駐菌を装飾させてしまうためきついニオイが発生します。アポクリン線からの汗が多ければ多いほどわきがになりやすいです。

アポクリン線の汗がなぜ多くなる?

アポクリン腺からの汗が増えてしまうのは、一番が体質です。アポクリン腺の数は生まれた時に決まっていてその後増えることも減ることもありません。アポクリン線が多ければ多いほど汗の量が多くなりわきがになる可能性が高まります。もう一つの原因が食生活です。肉を中心にした食事やファストフードを中心とした食事はアポクリン腺を活発にしてしまいますし、汗に含まれている脂質が多くなります。量と含まれている成分によってわきがにさせてしまうため、食べ物に注意しなければいけません。

体質だからと諦めてはダメ

アポクリン腺の数はその人の体質で決まりますが、しかし絶対にわきがになるわけではないんです。いくら数が多かったとしても必ずしも汗の量が多くなるわけではありません。その人がどのような生活をしているのかで汗の量や含まれている成分が違ってくるため、わきがになるのかならないのかの違いがでてきます。わきがになった、もしくは可能性があると感じたら、まずは生活習慣の見直しをして食生活をメインとして改善していきましょう。

わきがは放っておいても治りません。手術などで対処をしっかりと行うことで根本的に症状を治すことができます。