お肌が弱い人のやっていい脱毛やってはいけない脱毛

こんな脱毛方法はお肌を傷つけます

市販で売られているワックスやムースなどの脱毛剤に、毛抜きやテープに電気脱毛器やかみそりなど。手に入りやすくて場所も時間も自由にできるのが魅力的なこの方法。実はお肌を傷つけています。特に敏感肌やアトピー性皮膚炎の方にはあまりお勧めできません。市販の脱毛剤は刺激が強くて赤くなってしまったり、毛抜きで抜いたところはそこから雑菌が入り込み、毛穴に膿がたまる場合があります。シェービングは剃刀の刃で肌を傷つけひりひりして痛くなることもあります。

お肌が弱い人でも大丈夫な脱毛とは

ではお肌が弱い人は脱毛ができないのかと言われると、そうではありません。最近エステサロンで行われているフラッシュ脱毛がお勧めです。フラッシュ脱毛とは特殊な光を脱毛したい所に当てます。機械から特殊な光が照射され、毛根の成長をストップさせ、自然な肌サイクルで抜け落ちます。引っ張って抜くことがなく、するんと自然に抜けるので痛みもなく敏感肌の方でも行えます。光を当てている時も特に痛みは感じないので、痛みに弱い人でも受けられます。

まず脱毛の前に日ごろから気を付けること

それは保湿です。田んぼに例えますと水分のない畑で稲を抜こうとしますと、なかなか抜けません。これは脱毛でも同じことが言えます。お肌の水分が不足していますと、なかなか抜けず脱毛効果が弱くなってしまいお金と時間の無駄になってしまいます。一方田んぼに水分がしっかりとあった場合、稲はとても抜けやすいです。脱毛をする前日にいきなり保湿をしても角層は乾いているのでこれも意味がありません。日ごろからお肌の保湿を心がけ、つるつるの綺麗な素肌を脱毛で手に入れましょう。

医療脱毛を東京でチャレンジするには、時として高額な費用が掛かりますが、定額制のコースの特徴を早期に把握することが良いでしょう。